看護師特有のむくみ!解消法はやっぱりプロ

看護師むくみ

看護の仕事ってほんとに重労働ですよね。
立ったままでも座ったままでも、同じ体勢でしばらくいるとむくんでくる感じになります。

基本的に午前中は多少同じ体勢が続いてもそれほどむくんだりはしませんが、
仕事をしている午後に一時間以上カルテ整理や報告書づくりなどのデスクワークがあって
座りっぱなしになると、下半身、特に両ふくらはぎがすぐむくみやすく、
むくむと足がひんやりして血色もくすんで重だるい感じになります。

看護師のむくみ解消法はコレっ!?

できるだけ着圧ストッキングを履くようにしていますが、むくんでしまってつらくなってきたら
座ったままの状態で足首をぐるぐる回したり、かかとを上げたり下げたり、
爪先を上げたり下げたりをそれぞれ10回以上繰り返し、足を動かすようにしています。

足先の運動だけではあまりすっきりしてこない時は、
アキレス腱伸ばしをしてみたり、立ってその場で足踏みをします。

看護師足つぼ

ただ、むくみがかなり強く出てしまった時には仕事帰りに足つぼマッサージに行って、
足湯と足つぼやアロママッサージをしてもらうようにしています。

また、ややぬるめのお風呂に30分以上ゆっくり入り、自分でふくらはぎを揉みほぐしもしています。

寝る時は足首の下にクッションや丸めたバスタオルを入れて
足を少し上に挙げた状態でいられるようにしています。

やはり足つぼマッサージに行って足湯と足つぼやアロママッサージをしてもらうと
抜群に効果があり、かなり楽になりますし、むくんで冷えていた両足がぽかぽか温かくなるのを実感できます。

ややぬるめのお風呂で自分でふくらはぎを揉みほぐしをするのも少しはむくみがひくような感じはしますが、
やはりプロにマッサージしてもらうのには劣り、なんとなく軽くなったかなという感じになります。

足を少し上に挙げた状態で寝るのは、朝になるとむくみが引いているので
効果はあるのですが、効果がでるまで時間がかかるのが面倒です。

コメントを残す