簡単に作れるつるつるつやつやの髪

2016y09m13d_215650448
パナソニックのヘアードライヤー ナノケア EH-NA57、ブルーを購入しました。
海外移住が決まっていたため、日本のヘアドライヤーを買っていきたかったためです。
海外で使用できて、マイナスイオンの出る冷風機能付きのドライヤーを探していました。
マイナスイオンはもうなければならない機能ですが、冷風機能もそれに劣らずとても大事なようです。
いつも通っている美容師さんに聞いたことです。
ドライヤーを髪にあてている時はその熱でキューティクルが開いているそうです。そのままにしておくと、キューティクルが自然に閉じるまで時間がかかり、その間に髪の水分がどんどん抜け出していってしまうのだとか。
そのため、ドライヤーで髪を乾かすときは、完全に乾いてしまう少し前に冷風に切り替えて、キューティクルを閉じてあげることが髪の健康に大切と聞きました。
なかなかないです、海外OK,マイナスイオンで冷風付き。それでも見つけたのがこのナノケア。
お値段高めなのでしばらく迷いましたが、引越しの日も近づきました。日本でしか買えないのだ。と思い切って購入。
年齢とともに髪のコシやハリ、ツヤがなくなりうねりが強くなった髪です。
ショートボブとかにすると、時間をかけて、ブロッキングもして、丁寧にドライヤーでブローした後でもヘアアイロンでまっすぐにしないと、とんでもないことになります。
若いころはつやつやサラサラのストレートだったのに。最近までは、髪を洗ってから外に出られる髪型になるまでものすごい時間と労力が要り、本当に大変でした。
それがこのナノケアを使い始めてからは、実は信じていなかったのですが、髪がしっとり収まり、つやつやのストレートが簡単に作れます。
作ると言っても乾かすだけ。鍵は冷風です。ブラシで一生懸命引っ張りながらブローとか全然してないです。
根本だけ温風で一気に乾かして、あとは冷風を使い手ぐしで乾かします。これで一日中ヘアスタイルキープできるんです。ヘアアイロン買っちゃってもったいなかったとか思っています。
難点は、大きくて重いことでしょうか。それでも、大事なナノケアは手放せません。どこの国に行く時だって絶対持って行っています。

同じパナソニックの衣類スチーマーもオススメ

コメントを残す