仕事で気を張り過ぎると眠れなくなると働き出して初めて知った

result_909249_14331350_210527_8506655

仕事で人前に立つ日があったり、責任重大な仕事があった日などは眠れない日がある。これは一体どうしてかしばらく悩んでいた。そして気づいたのが、緊張しすぎて仕事モードから自宅リラックスモードに気持ちが切り替えられていないのではと、思い当った。というのも、寝ようとして目を閉じても頭はまた明日の仕事の調整の事ばかりを考えていて、完全にフル活動のままなのである。どんなに寝ようとしても、またそこに戻ってきてしまうので、結局全く寝れずに次の日に仕事でミスをしてしまったりと、そんな事を繰り返す事が多くなっていった。そして、だんだん鬱気味になりどうしたものかと考えて居る時に、飲み会に誘われた。そこで思いっきり飲んだくれたら、その日はグッスリ眠れたのである。それは本当にお酒が強くなかった私には、考えもしない方法だったので、これは使える!と感じて毎晩寝る前に少しだけ寝酒をするようになった。仕事の効率は上がったものの、ドンドンお酒が強くなっていってしまった。そうして気づいたのが、自分は思っていた以上に酒豪だという事。ワイン1杯で最初は寝れていたのに、最後には寝酒なのに一日1本飲み干していた時もあった。それでもお酒の種類を変えて、品を変えてやっていると眠れるので、酒乱にならない程度にあいかわらず寝酒に頼っています。

http://www.gaihekisasaki.com/%E3%83%AA%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%9F%E3%83%B3_%E5%8A%B9%E8%83%BD.html

コメントを残す