自分の体をよく知り、乾燥対策を!

461674

私は様々な体の不調に悩まされてきたのですが、冬になると、乾燥してしまい、肌や、喉にきてしまうことが多かったです。寒いと、風邪をひくのではと思い、暖房をしたまま寝てしまうと、乾燥で、喉がダメになり、咳が出たり、かすれたりすることが多くありました。悩んでいたのは8年ほど前からです。冬場はいつも咳をしていて、2、3週間おさまらないこともありました。そのため、マスクをしたり、ウィルスを避けるという芳香剤などをドラックストアで買ったりもしていました。最終的には毎日ぬれマスクをして眠ることで、抑えられました。ただ、出費がとても多かったです。でも、効果は良かったと思います。そして、風邪薬で咳を抑えようとしたのですがなぜかきかず、3年ほどで、たどり着いた結論は、私の場合は、風邪なのではなく、鼻づまりやたんによるものからくる咳なので、耳鼻科の薬が効くということでした。これは、人によって様々だと思うので、個人差やみんなに当てはまるわけではないと思うのですが、自分の体について何年か考えて、わかったことでした。小さい頃から、鼻炎があった人は、ふくびくえんというのを、冬に患うこともあるので、もしかしたら、風邪ではなく、咳はそっちが原因かなと、頭に入れておかれると良いのかもしれないなと、思います。お肌の乾燥は、あまりに体をかいてしまい、血が出てしまうこともあり、皮膚科での、飲み薬や塗り薬、また、ドラックストアの、肌を乾燥させないという、ボディクリームをつけていました。よく、冬場に目にするハンドクリームの、全身版みたいなものです。このように、乾燥対策を行ってきました。冬場は体調を崩される方も多いと思いますが、お体にお気をつけてくださいね。

ハーブアブソリュートコンブッカ アマゾンより安い

コメントを残す