「ブタがいた教室」…Pちゃんを食べる・食べない? 子供たちのディスカッション・ドラマ

2016y08m24d_213238506

この「ブタがいた教室」は実際に大阪の小学校6年生が行なった課外授業を題材にした作品で、実話をベースにしている。
実際に自分たちで卒業までの1年間ブタを育て食べてしまおうというのだ。
命の大切さを身をもって学ばせようという狙いのこの授業、教育と呼ぶにはあまりにも大胆なこの試みに、発案した先生も当初はさぞかしバッシングがあったに違いない。
この映画はこのブタにPちゃんという名前をつけたばかりに、すっかり情が移ってしまう。
このPちゃんと過ごした1年間、共に泣き、笑い、悩み、苦しむ子供たちをリアルにいきいきと描いていく。
圧巻なのは映画の中盤以降繰り広げられるディスカッション・シーンで、Pちゃんを食べる・食べないの両派に別れ議論を戦わせているうちに、感極まって全員が泣き出すシーンはもらい泣きは必至だ。
もちろん劇中先生が指摘するように、この議論に正解はない。
オイリー肌用洗顔料を使ってみるべきだ。
全員の意見が正論な訳で、この難しい問題を最後には自分たちだけで結論づけた子供たちの姿勢には拍手を送りたい。
この授業で学んだ事は、きっとこの子供たちの将来の大きな糧になる事だろう。
芸能界、特に俳優さんの世界には「子供と動物には勝てない。」という言葉がある。
どちらか一方だけでも大変なのに、この作品にはその両方が揃っているのだから俳優さんもさぞかしやりにくかったに違いない。
主人公の星先生を演じた妻夫木聡はともかく、原田美枝子、大杉漣、田畑智子、ピエール瀧、戸田菜穂など個性的ないい俳優さんが顔を揃えているのだが、みんな「あれっ、出てたの?」と、思うほど影が薄い。
それほどこの作品に出演した26人の子供たちの自然体の演技は素晴らしかった。

映画「K-20 怪人二十面相・伝」を鑑賞しました。

2016y08m20d_235233771

最近は映画なんかはフールーで見ることが多い。
K-20 怪人二十面相・伝だが、
まず、物語のテンポが非常に悪い。
特に中盤…平吉(金城武)が脱走してからクライマックス直前まで映画の流れがものすごく間延びしてモタモタしている。
この間、完全にパルクールな例の泥棒修行シーンや羽柴葉子(松たか子)を二十面相から助けるシーン、陸軍情報研究所のアクション・シーンなど見せ場は結構たくさんあり、確かに個々のシーンを単独で観ると迫力がある。
ただ、これらのシーンが繋がってしまうと、とたんに映画の流れが滞ってしまっているんですね。
となると、やはりこの原因は編集にあるのかなと考えてしまう。
アクション映画のキモはテンポの良さにあると思うのです。
そして映画のテンポとはリズミカルな編集によって決まります。
リズム感の悪い人間が踊っているダンス…
この映画を観ている間中、そんなもどかしさが感じられてなりませんでした。
次に気に入らないのが明智小五郎(仲村トオル)の良き右腕である小林少年(本郷奏多)の扱い方。
あれは少しひどすぎませんか?
聡明な美少年のはずの小林少年があれではフツーにマヌケじゃないですか。
少年探偵団の思わせぶりな描き方も疑問を感じますね。
胸に光るBDバッジという乱歩ファンなら分かる小ネタを使いたいという気持ちも分からないではない。
だが、あんなに意味ありげに登場されちゃうと、何やら後半に繋げる伏線ではないかと勘ぐってしまうのだ。

最近始めた酵素ドリンクダイエットについて

2016y08m23d_234944073

こんにちは(^ ^)
最近買ったものは酵素ドリンクです。
テレビや雑誌などでよく目にする機会が多かった酵素ドリンクをついに買ってみました。
これは栄養ドリンクとして使うのではなく、ダイエット目的に使います。毎日の朝食を酵素ドリンクに置き換えるだけの酵素ダイエットと呼ばれるものです。
最近何だかお腹回りがぶよぶよしてきたのを感じ始めていたのでダイエットをしようと思っていたんですよね。
ただ、朝食を酵素ドリンクだけで済ましてしまって健康面は大丈夫?と最初は思っていたのですが、酵素ドリンクには色々な食べ物から栄養を取っているらしいので大丈夫みたいです。
実際に飲んでみたところ、一口飲んだだけでもお腹に溜まったのが分かりました。
あと水素水の効果もかなり気になってます。
という訳で、最近は朝食を酵素ドリンクだけにしてダイエットをしています。
正直な感想を言うと酵素ドリンクだけではいずれ飽きが来るだろうな、という事です。軽めのスイーツやフルーツにかけて味を変えながら続けるのも良いみたいなので次回から考えてみようと思います。
ただ、朝食を置き換えるだけの手軽さは今までのダイエットより遥かに手軽だと思いますし、ズボラな私でも続けやすいと思いました。
ダイエットの効果が出るのが今から楽しみです(^ ^)

口コミが良いフードシーラーの「ピタント」を試してみた!

2016y06m27d_223927312

 

ご飯を作るために、スーパーに行くと物価が上がっていることを実感します。
少しでも家計を節約するために、安い食材があれば多めに購入して、
下処理をして冷凍庫で保存するようにしています。

食材を新鮮に、長期間保存できる方法があればいいなと思っていたときに、
口コミで好評だったピタントの存在を知りました。

ピタントは食品を真空パックにする機械です。

真空にすることができるという機能を持っているので、
大きな機械かと思っていたら、
実際はコンパクトサイズだったのでびっくりしました。

真空にすることで、食材の栄養素やおいしさを損なうこともありませんし、
酸化を防ぐことができるのでとても良いと思い、
購入しました。

スーパーで買ってきた食材を下処理してピタントで真空パックにして、
そのまま冷凍庫に保存したら、
今まで真空パックにせずに保存したときよりも色も美しく、

長持ちできるようになりました。離れて住む子供がいるので、
子供が大好きなハンバーグを作ったときはピタントでハンバーグを真空パックにして、

そのまま冷凍して宅配便で送っています。温めるだけで、
作り立てのおいしさを楽しめるので喜ばれています。

ピタントを使うことによって、節約ができるようになり家計も助かっています。

ピタントのほかにも、真空パック器はいろんなメーカーが販売しているので、
こちら比較サイトがとても参考になります。

⇒http://真空パック器比較.com/

コンパクトで超省電力のスティックPCがすごい!

2016y05m27d_220745069

最近話題のスティックPCがコチラです。

パソコンを構成するパーツの技術革新がすすみ、
どんどん小型化されていっているようで、
ついにここまで小さくなっちゃいましたね。

モニターのHDMI端子に直接差し込めば、
そのままモニターがパソコンになってしまうという
すぐれものです。

価格も1万円を切るものもあり、
リビングのテレビをパソコン代わりに使うことも
でちゃいますね。

そしてなんといっても稼働時の消費電力がとても低い!

3~10Wほどということなので、1か月つけっぱなしにしても、
電気代は100円以下なんです。

なので大容量のmicroSDカードをセットして、
超省電力&超小型のホームサーバーとしても活用できますよ。

お店のデジタルサイネージとしての利用や、
プロジェクターに直接接続して、
会議質のプロジェクターに映写してプレゼンすることもできます。

通常のデータをNASやクラウドストレージに
保存しておけば、メインのPCが故障した時も
緊急時のサブPCとして活躍してくれそうですね。

お子さんにパソコンを教えるときなんかも、
1万円のPCなら自由に使わせても安心ですね。

使い方次第でいろいろ活用方法がありそうな
スティック型PCのご紹介でした!